株式会社sys-cobo

クレイアートのご紹介

この作品に使用している材料は、ご想像の通り粘土でございます。とはいえ、フィギアのような立体的な作品のみならず額縁として飾れる絵画も作成しているため、一般的な粘土ではなく「軽量粘土」と言われるものを使用しております。軽量粘土とはその名のとおり非常に軽く、主にアクリル樹脂を原料とし渇くと発泡スチロールのように軽量なものになります。そのため、作品を奥行の深い額縁に入れて飾っても重量的に全く問題はなく、フィギア(造形)としても写真のような上部(角の部分)が大きく一般的な粘土では表現しにくい形の作品を創造できるのが大きな特徴と言えます。

実は粘土細工を始めたきっかけは、Webデザインの仕事からです。 IT業務に携わる最中、2005年くらいでしょうか。たまたまホームページ制作の仕事を受け持ち、「デザインする」という意味で、「どこにもない」、「今自分ができる」、「時間を要しない」方法を試行錯誤した結果、粘土細工にたどり着きました。つまり、ホームページ上のイラストやボタンの素材を通常のイラストやアイコンではなく、粘土細工を作成し撮影したものにしたのです。 幼い頃からアナログ的(デジタル業種なのでどうしてもこの様な表現になりますが)な絵画や造形といったアート作品を作ることが好きでしたし、当初はこれが今自分のできるベストな方法だと思ったのでしょう。

Webデザインの仕事が終わりしばらくしてから、ホームページから私の作品を見て下さった方のご依頼で、通信教育の紹介雑誌で有名な「ユーキャン」の2007年版講座カタログの表紙デザインに私のクレイアートが採用されることになりました。とはいえ、一介のサラリーマンが“これを機にアートの世界へ”などと思うことはあるはずもなく時が過ぎました。

その後、美容師という職業柄アーティスト気質である妻から「あなたの作品は今後もずっと作り続けるべきだ!」と強く押されながら過ごす日々、ある日彼女から「お店に太陽の絵を飾りたいので描いて欲しい」と相談を受けました。妻の店はSOLという名で太陽を意味するラテン名。ここでまた私の「どこにもない」物作りの意欲が掻き立てられ、粘土での絵画制作へのきっかけになりました。そこで「ONENESS」という作品が生まれました。 そんな最中、幸か不幸か(普通に考えれば完全に不幸なのですが)勤務先の会社が不況のあおりを受け存続できないという状況に陥り、私は個人事業主として働く決意をしました。それから仕事の合間ですが本格的に作品づくりに没頭するようになり今に至るというわけです。 今後も常に楽しい作品を創作していこうと思っておりますので、興味を持って頂いた方は、これからの私の作品を是非ご期待ください!

クレイアートのご案内へ >>

楽器

<< 前のページに戻る